2016年10月30日第2主日礼拝 マタイによる福音書5章1節2節、4節

  • 2016.10.30 Sunday
  • 14:00

「語られた言葉」大須賀綾子牧師

イエス様は、神様の御子です。

イエス様は、生まれて、成長し、神様のお働きをなさいました。

イエス様は、いろいろな場所を歩き、いろいろな人に出会われ、旅を続けられました。当

時、町は壁で囲まれていました。門から町に入ると、中心部に神殿があり、その前に広場

がありました。そこで、イエス様は、「神様の御国は、もうここに来ている。神様はみん

なを祝福されている。」と希望の福音を伝えました。

イエス様の時代、旧約聖書の律法に従うことが、主なる神様への信仰だと理解されていま

した。その中で、病気や様々な困難にある人々は、神様の祝福を受けていないためにその

ような状況に陥っている、という誤解があり、共同体、家族、友人知人、住んでいる町か

ら拒絶されるという悲しいことが起きていました。

イエス様は、街中ですごすことがゆるされない人々、助けも受けられない人々に出会われ

ます。そして、声をかけ、病気を癒し、問題を解決して導かれていったのです。

まちから少し離れたところで、イエス様は、ついてきた人々の前で、丘の上に腰を下ろし

、多くの人々へ語りかけられます。

悲しむ人々は幸いである。その人々は慰められる。と。

人が悲しむことを、イエス様は認めてくださいました。

悲しみと向かい、心を傷めることを幸い、と呼ばれました。

恵みは、勝ち取るものではなく、祝福は、幸いを得ること、そして、悲しむ人々こそ幸い

だと、教えられました。悲しみ、嘆き、主なる神様に助けを求めることこそ、神様へ向か

う姿、神様に頼れる、弱さを知っている人だと、イエス様は言われます。

悲しむ人とは、人々に寄り添い、心を傷めることのできる人、心を寄せることが出来る人

だ、と。

日本語で、「優しい」という漢字は、「人」が「憂う」と書きます。心を痛めて、苦しむ

人に目を注ぐことを「優しい」と言います。その思いは、神様が私達に与えてくださった

愛の一部です。

イエス様は、悲しむ人々は慰められる、と救いの言葉をくださいました。イエス様の慰め

は、一人一人の心の回復、人間性を取り戻し、命の尊厳を持ち直すこと、です。

神様の祝福は、一人一人の命を尊いものとして、大切にしてくださるのです。

悲しむ人々は幸いである。その人々は慰められる。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM